MENU

【レビュー】ぼくとネコを実際に遊んだ感想や口コミを紹介

「『ぼくとネコ』というゲームを見つけたけど、面白い?」
「にゃんこ大戦争と雰囲気が似ているけど、パクリじゃない?」

この記事では、実際にぼくとネコをダウンロードして遊んで分かったことや、にゃんこ大戦争との違いをレビューしていきます。

ぼくとネコはこんな人におすすめ!
  • タワーディフェンスゲームが好きな人。
  • キャラクター育成や戦略立てなど、しっかり考えて遊び込みたい人。
  • ネコ×シュールなキャラが好きな人。

ぼくとネコに興味があるものの「ダウンロードして遊ぶか迷っている」と迷っている人は参考にしてみてください。

※記事内の情報は、執筆時のものです。
※この記事は一部プロモーションが含まれていますが、記載している情報はその影響を受けていません。公正かつ中立な立場で制作しています。

ぼくとネコ_アイコン

IGNITION M
無料
(4.6)

google-play_バッジ
App-Store_バッジ
目次

ぼくとネコってどんなゲーム?

引用:youtube ゲーマーズガレージチャンネル

項目情報
開発元/販売元IGNITION M/IGNITION M
プラットフォーム
(評価)
App-Store_バッジ App-Store_badge
(4.1) (4.6)

ぼくとネコははタワーディフェンスゲーム。シュールなデザインのキャラクターをポイントで召喚し、敵と戦わせてステージクリアしていくというゲームです。

伝説の7英雄を救出(サルベージ)するために、ネコ・人間vs神・悪魔という構図で戦うゲームになっています。

封印された伝説のネコを救うべく、シロちんが立ち上がる!

ぼくとネコ_ストーリー

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

基本プレイは無料で、一切課金しないで遊ぶことが可能ですよ。(ゲームを快適に遊ぶための課金要素はあります。)

また、このゲームはGoogle Play・App Storeで配信されているアプリです。Google Play・App Storeできちんと審査がされた上で配信されているため、安全性に全く問題はありません。

ぼくとネコは『にゃんこ大戦争』のパクリゲームではない

結論から言うと、ぼくとネコは『にゃんこ大戦争』のパクリゲームではありません。

公式サイトでも以下のように記されています。

※本作品は、「にゃんこ大戦争」(配信元:ポノス株式会社)とは別作品であり、本作品および弊社は、上記作品・配信元とは何ら関係ありません。

ぼくとネコ公式サイト

では、なぜぼくとネコは『にゃんこ大戦争』のパクリというような印象を受けるのでしょうか。

その理由は、ぼくとネコのプロデューサー兼ディレクターの升田貴文さんです。升田貴文さんはにゃんこ大戦争のプロジェクトマネージャーをしていた人物で、ポノス株式会社から独立して株式会社イグニッション・エムを設立。その後ぼくとネコを開発しました。

にゃんこ大戦争の生みの親である升田貴文さんが作ったゲームだからこそ、ぼくとネコの随所ににゃんこ大戦争の雰囲気を感じるのでしょう。

しかし、確かにぼくとネコの雰囲気はにゃんこ大戦争と似ていますが、実際に遊んでみると全くの別ゲーでした。

次の見出しから、ぼくとネコのゲーム内容について詳しく紹介していきます!

ぼくとネコの特徴

では、ぼくとネコのゲームシステムについて解説していきます。

クエスト

ぼくとネコはタワーディフェンスゲーム。画面の左右で自陣と敵陣に分かれ、キャラを次々召喚し戦わせます。

基本的な遊び方はにゃんこ大戦争と同じ!

ぼくとネコ_ゲーム画面2

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

  • ライフ・・・ハートの数が0になるとゲームオーバー。赤丸で囲われた白いネコ「シロちん」に敵の攻撃が当たると、1ライフ消耗する。
  • CP(キャットパワー)・・・味方を召喚するためのポイント。レベルアップして、CPが溜まるスピードと上限を上げよう。
  • 召喚できる味方・・・CPが溜まって召喚できるようになったキャラは色がつく。シロちんが敵に攻撃されないように、味方を召喚しよう。
  • スペシャル技・・・ゲージが溜まると、敵を弾き飛ばすような波動を打つ。ピンチのときには役に立つ!

操作は簡単、タップだけ!

どのタイミングでどのキャラを召喚するのか、CPをレベルアップさせるのかが勝利の鍵。

ライフが3つしかないのがゲームの難易度を上げていて、ぼやぼや遊んでいると全然クリアできないです。

また、イベントクエストも充実しているので、ストーリーを進めるのに飽きたら、期間限定のイベクエで息抜きできますよ。

サルベージ

サルベージとは、クエスト失敗の救済措置。

ゲームオーバーになった時サルベージ要請を出すと他のプレイヤーが救出しに来てくれます。

そして他プレイヤーがサルベージに成功することで、自分はゲームオーバーになったコースで得たお金とアイテム、そしてジェムやアイテムと交換できるSPを獲得できます。

ぼくとネコ_サルベージ1

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

ぼくとネコ_サルベージ2

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

また、サルベージIDをSNSで公開したり、友達に教えたりすることで、救いに来てもらうこともできます。

友達と協力しあって遊べるのも、ぼくとネコならではです。

チーム

ぼくとネコ_チーム

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

強いチームを作るには、2つの要素があります。

  • キャラクター・・・ストーリークリアとガチャで獲得できる。お金でレベルアップし、レベルがMAXになるとアイテムを使って進化できる。
  • 武器・・・ゲームをクリアしたときとガチャで獲得できる。どんどん強い武器に持ち替えていこう。

どんどんキャラクターをレベルアップさせたり、武器を強いものに持ち替えていかないと、結構な頻度でゲームオーバーになるので、チーム強化は積極的にするのが攻略のコツです。

ステータス強化

キャラクターとスペシャル能力、武器の3種類の強化ができます。

キャラクター強化

ぼくとネコ_キャラクター強化

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

キャラクターはお金でレベルアップできます。レベルアップすることでキャラの体力と攻撃力が上がるので、より強敵とのバトルが楽しめるようになるのです。

また、キャラのレベルがMAXになったら進化もできます。進化することで、キャラをより強力に育てられます。

ぼくとネコ_キャラクター強化

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

スペシャル能力強化

ぼくとネコ_スペシャル能力

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

スペシャル能力の強化とは、バトル中に使うSPやスペシャル技、敵を倒した後に得られるお金などの量を増やしたりスタミナの回復スピードを高めたりするものです。

  • 強化できるもの
  • キャットパワーのスピード
  • キャットパワーのMAX値
  • 必殺技の攻撃力
  • 必殺技の発動までの時間
  • 討伐報酬の小判の量
  • 討伐報酬のキャットパワーの量
  • 討伐報酬のドロップ率
  • 冒険の源のスタミナ上限
  • 冒険の源のスタミナ回復時短

スペシャル能力をレベルアップすると、効率的にゲームを勧められるので、余裕があるときには優先的に強化していきたいです。

武器強化

ぼくとネコ_武器1

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

武器の強化はキャラやプペシャル能力と異なり、アイテムによる進化のみです。

スーパーたけやりを進化するにはスピードの実が必要です。

ぼくとネコ_武器2

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

お金で強化できないので、バトル中に敵がドロップするより強い武器に持ち替えつつ、進化できるタイミングがあれば進化させて強化していきましょう。

ミッション

ぼくとネコでは、毎日ミッションと週間ミッション、スペシャルミッションの3種類ミッションがあります。ミッションを達成すると、お金やジェム、特別なアイテムがもらえます。

ぼくとネコ_ミッション

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

毎日コツコツミッションをクリアしていけば、結構お金もジェムも稼げます。

1週間頑張ってミッションを解消すれば、10連ガチャを回すこともできるので、遊ぶならミッションは欠かさずに解消したいところです!

ガチャ

ぼくとネコには、キャラクターガチャと武器ガチャの2種類あります。

ぼくとネコ_ガチャ

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

ただし注意なのが、回せるガチャが常に期間限定(しかも2〜3日スパン)ということ。

「このガチャ回したいな」と思ったときにすぐ回さないと、気づいたらガチャが終了しているということが起きかねません。

ジェムが溜まったら即ガチャを回すのか、欲しいガチャがくるまでジェムを貯めておくのか、非常に悩みどころです…!

ぼくとネコを遊んだ感想

筆者がぼくとネコを遊んでみて感じた感想を紹介します!

面白かったところ

  • キャラの召喚順や武器の装備についてきちんと考えてプレイしないとクリアできないほど、戦略性が高い
  • キャラの育成順や武器の強化など、自分だけの最強を模索できる
  • キャラクターがシュールで面白い。

ぼくとネコの面白さは、なんといっても戦略性の高さ!

こちら側のライフが3しかないため、油断しているとゲームオーバーになってしまいます。

そのため、出撃キャラや武器編成を練り、突破されないようにキャラ召喚をしないといけないので、自分のコマンド力が試されます。

「気楽にのほほんと敵を倒してストレス解消!」というよりかは、「しっかり戦略を立て、その戦略が通用したとき、達成感がとても得られる」というゲームでした。

残念だと思ったところ

  • モーションが少ないため、見ていてちょっと退屈。
  • スタミナが少なく、すぐに遊べなくなる。
  • ガチャを回せる期間が短い。

ぼくとネコを遊んでいて残念だな〜と思ったのは、メインコンテンツであるバトルの単調さ

基本キャラにはキャラ特有のバトルモーションがなく、キャラクター同士がぶつかったり矢を射ったりするだけ…。(敵を弾き飛ばした時にぽよ〜んと派手に吹き飛ぶところは見ていて快感ですね!)

ぼくとネコ_バトル

引用:『ぼくとネコ』ゲーム画面

「ド派手バトルが好き!」という人には少々物足りないかもしれません。

ぼくとネコの口コミを紹介

筆者の感想以外にも、AppストアやGoogle Playに寄せられた口コミを要約して紹介します!

良い口コミ

  • キャラが魅力的(見た目が可愛かったり、設定が練り込まれていたり)
  • にゃんこ大戦争と比べてやりがいがある
  • シンプルで遊びやすい
  • オート戦闘や武器の自動装備など、ゲーム初心者でも遊びやすい

「キャラが魅力的」「やり込みがいがある」という声がたくさんありました!

キャラの育成方法は無限大で、かつ「このキャラがいないとダメ」というような圧倒的な強キャラもいないため、自分だけのオリジナルチームを作れることが、いい口コミを集めた要因になっているのでしょう。

悪い口コミ

  • スタミナが少なく、回復しづらい
  • 進化用のアイテムが手に入りにくい
  • 倍速モードがないので、お宝回収のためのステージ周回に時間がかかる

まとめると「やり込むために必要なスタミナやアイテムが手に入れづらく、遊びにくい」という声がありました。

確かに、ゲーム序盤はスタミナも少ないしスタミナ回復のアイテムもあまり手に入りません。そのため、2〜3ステージクリアするとスタミナが枯渇するということがあり、なかなかゲームが進みませんでした。

とはいえ上記の悪い口コミはソシャゲあるあるだと思うので、割り切って遊ぶしかないかもしれませんね。

ぼくとネコと雰囲気が似ているゲーム

最後に、「ぼくとネコ以外にも、似た雰囲気で面白いゲームはないかな?」という人におすすめのゲームを2種類紹介します。

  • にゃんこ大戦争
  • にゃんこ大泥棒

『猫×タクティス』のジャンルのゲームを集めてみました。もしぼくとネコに満足できなかったら、こちらのゲームも遊んでみてください!

(1)にゃんこ大戦争

引用:youtube ゲーマーズガレージチャンネル

面白いポイント
  • きも可愛いキャラクターがクセになる
  • 操作はシンプル・バトルは派手で楽しい
  • 無課金で十分遊べる
残念なポイント
  • 統率力(スタミナ)が少なく感じる
  • キャラクターの詳しいステータスが見られない

超有名ねこゲームアプリの「にゃんこ大戦争」。きも可愛いにゃんこ達が繰り広げるタワーディフェンスゲームです。

自分の拠点が破壊されないように、次々とにゃんこを出陣させていきましょう。そして、ゲームクリア時にゲットするお金でにゃんこや拠点を強化して、さらに強い敵を撃破するのです。

「シンプルかつ爽快に敵を倒してスカッとしたい!」という人におすすめです。

にゃんこ大戦争_アイコン

ponos
無料
(4.6)

google-play_バッジ
App-Store_バッジ

(2)にゃんこ大泥棒

引用:youtube ゲーマーズガレージチャンネル

面白いポイント
  • 相手プレイヤーの罠を掻い潜るのか気持ちいい
  • 自分の作戦で相手プレイヤーの泥棒を防げると快感
  • スタミナがなく、いくらでも遊べる
残念なポイント
  • 大泥棒バトルを一時停止できない
  • 強化画面(罠や装備、チームなど)が散らばっていて分かりにくい

「にゃんこ大泥棒」は、他プレイヤーと繰り広げる泥棒ストラテジーゲームです。これもにゃんこ大戦争のスピンオフ作品。

このゲームには「攻め」と「守り」があり、攻める場合は5匹のにゃんこを順番に相手城に送り込み、罠や警官わんこがいない道順を選びながら宝を探します。

守る場合は、相手プレイヤーの心理を読んで自分の城に罠や警官わんこを配置します。誰かがプレイすると、その結果をリプレイで見られますよ。

にゃんこ大泥棒_アイコン

ponos
無料
(4.3)

google-play_バッジ
App-Store_バッジ

まとめ:ぼくとネコはやり込み系タワーディフェンスゲーム

ぼくとネコは、がっつりやり込みたい人におすすめの、タワーディフェンスゲームでした。

よく似たゲーム性からにゃんこ大戦争パクリといわれがちですが、実際に遊んでみると、にゃんこ大戦争よりもやり込み要素が多いやりがいのあるゲームなんです。

序盤はスタミナが少なく感じることもありましたが、ゲームを進めることでスタミナのMAXの量も増えていくので、問題なく遊べるようになっていきます。

シュールなキャラクターが好きで、やり込めるタワーディフェンスゲームが遊びたい人は、ぜひぼくとネコでねこ「シロちん」と世界を救う冒険に出てみてください。

ぼくとネコ_アイコン

IGNITION M
無料
(4.6)

google-play_バッジ
App-Store_バッジ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ゲームをプレイしたら、あなたの感想を聞かせてください!

コメントする

目次